マンション管理適正化診断 お客様の声

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション保険の保険料を下げるポイントは給排水管のメンテナンス!?

 


 自主管理マンションの理事役員さまより! 「マンション保険の更新」でいろいろ検索しているうちにマンションドクターにたどり着きました。
ひとまず、すぐにご説明に来ていただき、いろいろとご対応いただいたのですが、はじめは半信半疑で大手5社の保険見積もり金額についても一部は自分で確かめてみようと思い、わざわざ別に自分で問い合わせ見積もりをとってみました。
ところが、免責金額にしても(20万円とか)、契約期間にしても(5年は無理で1年とか)、そして補償内容にしても(6つの補償のうち2つだけは入れますとか)、実際にとった見積もりでは築40年近くの当マンションにとっては、さんざんな結果となりました。もちろん見積もり金額についても日新保険さんが一番納得のいくものでした。
これからは、給水管まわりの更新(更生)工事も積極的に進めて、5年後のマンション診断ではもっとポイントをとれるようにがんばっていきたいと思っています。このたびは大変ありがとうございました。

 

高妻よりお礼

 

マンション診断、そして、マンション保険のご契約をいただいたO管理組合さま。この度はありがとうございました。

 

また、こうして【お客さまの声】を送っていただいたことについても重ねてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

自主管理マンションの管理状況はどのようになっているのか?私自身、不安と期待がありました。実際にお会いしてお話させていただくと理事役員さまがしっかりと管理運営をされているなという印象でした。

 

これまでに保険事故はあったようですが、今回の満期のタイミングで色々なお話をさせていただきました。

 

今後、保険事故を起こさないためにどのように運営していくべきなのか?そのために、どういった修繕を優先的に考えていくべきなのか?など、いろんな話ができ、そして前向きに検討していくという姿勢が非常に素晴らしかったです。

 

また、保険料についても各社の保険料を比較していただき臨時総会で住民の皆さんの承認を得て、そして、納得してご契約いただけたこともとても嬉しく思います。各社の保険料を比較していただいたからこそ納得していただけたのだと思います。

 

自主管理だからこそ理事役員さまをはじめ、マンション住民の方々の意識が非常に高いと感じる出来事でした。そして、今回のマンション保険の話をキッカケに更に管理体制も良くなっていくと思います。

 

今後、私自身もアドバイスできることなどあればさせていただきますし精一杯のサポートをさせていただきたいと思います。

 

この度は本当にありがとうございました。


 

高妻より一言

今回ははじめての自主管理のマンションでした。自主管理をされているマンションというのはどのような管理運営なのか・・・正直なところ私自身も不安だったり心配な点のほうが多かった、というのが本音です。

 

ですが、とても意識が高かったのでおどろきました。自主管理だからこそ『自分たちでしっかりと管理運営をしていかなければ!』という想いが強いのかもしれません。

 

また今回、実際にマンション診断を受けていただいた上で各社の保険料を比較していただきましたが、結果的には日新火災が一番安い結果となりました。

 

ただ、これはあくまで”結果”です。

 

住民の方々も各社の保険料をご覧になられたからこそ日新火災で納得されたのだと思います。仮に日新火災一社だけの見積書では相見積もりをとれ、、、という話になりかねないですからね。

 

やはり、改めてマンション保険は比較することが大切だということを感じました。

 

また、今回のマンション診断やマンション保険の話をさせていただくなかで理事役員さまとも色々な意見交換をしました。

 

  • マンション保険の現在の仕組み
  • 何故、保険料が高くなるのか?
  • 逆に今後、どのように管理運営していけば保険料を安くすることができるのか?

 

これらのことは今後、この宮崎でも必ず出てくる問題です。形あるものは必ず経年劣化していきます。そこを避けて通ることはできません。

 

だからこそ、管理組合さまがどのような意識を持ち、どのように管理(メンテナンス)していくのかが非常に重要だと思います。

 

特に高経年のマンションになればなるほど給排水管からの水漏れ事故の確率は高くなってきます。

 

そして、保険料がそれらの事故にどのように関係しているのか??ということを管理組合さまがしっかりと理解をすれば自ずと意識も変わっていきます。意識が変われば保険料を下げることが可能になります。

 

逆に言えば、水漏れ事故の確率を少なくすることができれば保険事故の頻度は下がるわけで、保険事故が少なくなれば保険会社からすれば事故の少ない優良なお客様という判断ができ、その結果、保険料を割り引く対象になる、ということにわけですね。

 

今回の管理組合さまは、これらのことを十分に理解していただいたと思います。

 

5年後に再びマンション保険の満期を迎えるわけですが、今から5年後が楽しみですね。これからの5年間をどのように管理をし、どのように運営していくのか?その結果が5年後に反映します。私もそのお手伝いができればなと思っております。

 

精一杯のサポートをさせていただきますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。本当にありがとうございました!

お気軽にご相談ください!



  • 携帯     : 080-6419-4701
  • 携帯メール : mkt-1130@ezweb.ne.jp
  • PCメール  : info@mansion-fire.com

マンション総合保険でお困りの管理組合様はお気軽にご連絡ください。もちろん、ご相談・お見積書の作成は無料です。

>>お問い合わせはこちらから

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


関連ページ

マンション管理適正化診断を受けて新しい学びがありました!
『マンション管理適正化診断を受けて新しい学びがありました!』とのお声をいただきました。
マンション診断の結果によって保険料が変わるのは画期的!
『マンション診断の結果によって保険料が変わるのは画期的!』とのお声をいただきました!
保険料の削減効果は50%減でした!?
『保険料の削減効果も50%減。大変助かりました!』とのお声をいただきました!
住民様向けの勉強会に参加された方の声(2018年10月27日)
マンション住民様向けに開催した勉強会に参加された方から実際に頂いた声をご紹介します。
マンション保険の説明が分かりやすかった
P管理組合の理事長様より一言いただきました。