マンション保険を管理会社に任せていたら最悪な結果に!?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション保険を管理会社に任せるべきではないという決定的な証拠

ある理事長様からの問い合わせにて発覚した実際の案件です。こちらの管理組合は現在、マンション保険を管理会社にて契約をしている状況です。

 

来月(2019年10月1日)からの値上げのことで管理会社より情報提供があったようですが、これを機に理事長様が補償内容なども含めて見直す必要がないか??ということで私のほうへ問い合わせがありました。(ホームページからのお問い合わせでした。)

 

ここから理事長様とのやり取りが始まるのですが、その結果、すごいことが発覚したのです・・・。

 

 

 

 

管理会社としてあるまじき行為

実際に管理会社がh権代理店をしていてマンション保険を契約しているケースは非常に多いです。

 

その契約の仕方について保険代理店としてやるべきことをやっていてくれれば私も何も思いません。ですが、やるべきこともせずに、しかも・・・やってはいけないことまで普通にしているケースが非常に多いため今回ご紹介するような問題が起きるのです。

 

結論からいうと一番高い保険料を支払わされていたということです。

 

細かい情報は省きますが、現在の保険料はE社で5年間でおよそ130万円ほど。

 

そこで私のほうでまったく同じ条件で各社の保険料を算出してみました。すると下記のような結果に・・・。

 

A社 約53万円
B社 約86万円
C社 約50万
D社 約119万
E社 約130万

 


最安値保険会社と既契約の保険会社の差額はなんと約80万ほど。これは事実です。

 

今回の事案から見えてくる事実とは??

まず契約をした当時、管理会社は各社の比較を提示せずに契約をしていると推測できます。

 

いくら管理会社が保険代理店をしているからといっても、管理会社という立場であれば当然、管理組合様に利益を残していくよう務めることが職務です。立場的に考えれば保険料の比較をさせ管理組合の出費を少しでも抑えるよう努めるべきです。

 

ですが、今回のケースのように自社の利益しか考えていないのでは・・・というようなケースは残念ながら非常に多いです。そして、残念ながらこういう事実すら知らない管理組合様が多いのもまた、事実です。

 

現場では、このような利益相反行為が当たり前のように起きていることを認識してください。これは事実です。

 

今こそ立ち上がれ!管理組合!

今回の理事長様にもこの事実をお伝えしました。怒りを通り越して落胆です・・・と仰られていました。

 

私が理事長様と同じ立場であればきっと同じような気持ちになるでしょう。人様の大切なお金をどのように考えているのでしょうね。

 

ですが、今回の一件で素晴らしいことは、理事長がふと疑問に思い自ら情報収集をされたことです。その結果、今回のような事実を知ることができたわけですから。

 

自ら行動されなければきっとこの先もこの事実を知ることはなかったでしょう。ですが、こういう事実を知ることさえできれば対処の仕方はあります。そのために私たちのような専門代理店がいるのですから。

 

このような事実を目の当たりにしたとき、改めてマンション保険に特化している代理店としての存在意義を感じると共に全力で被害に遭われている管理組合様を助けていきたいなと感じます。

 

そのためには、まず管理組合様が立ち上がるしかありません。

 

どのように行動して良いのか分からないと・・・という理事長様も非常に多いですが、分からないことなどはどんな些細なことでも構わないのでご相談ください。

 

一緒に頑張りましょう!

お気軽にご相談ください!



  • 携帯     : 080-6419-4701
  • 携帯メール : mkt-1130@ezweb.ne.jp
  • PCメール  : info@mansion-fire.com

マンション総合保険でお困りの管理組合様はお気軽にご連絡ください。もちろん、ご相談・お見積書の作成は無料です。

>>お問い合わせはこちらから

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


関連ページ

今さら聞けない・・・マンション管理組合とは?
管理組合とはいうものの、そもそも管理組合とは何なのか?という方のためのページです。
マンション総合保険とは何ですか?
そもそもマンション総合保険とは何を補償するのでしょうか?そんな素朴な疑問にお答えします。
マンション保険の保険料はこうやって決められている!
保険料はどのように決まっているのか?保険の仕組みなど、マンション総合保険の保険料についてお伝えします!
マンション保険の救世主!マンションドクター火災保険!
マンション総合保険の救世主ともいえる画期的的な商品。それが『マンションドクター火災保険』です。どんな保険なのでしょうか?
マンションドクターが開発された背景
マンションドクター火災保険が開発された背景について書いてみたいと思います。管理組合様を救う救世主のような保険。開発された理由も素晴らしいですよ。
マンション総合保険の比較
マンション総合保険の比較表です。参考にしてみてください。
マンション総合保険で水漏れは補償される?
マンション総合保険の水漏れ事故について書きます。実際には一番事故として多いのがこの「水漏れ」です。
マンション総合保険につけれる個人賠償責任保険について
マンション総合保険には個人賠償責任特約というものがつけれます。ということで、個人賠償責任特約について書いてみたいと思います。
揉める原因!マンション総合保険の個人賠償は安易に外すべからず!
管理組合の火災保険で個人賠償を勝手に外されていましたが大丈夫でしょうか??とのご質問をいただきました。必ず揉めますね。
マンション総合保険の個人賠償特約に設定する免責はあり?なし?
マンション総合保険には個人賠償責任特約というものがつけれます。最近は保険料の高騰により免責設定しているケースをよく見かけます。個人賠償の免責はありでしょうか?それとも、なしでしょうか?
マンション総合保険につけれる施設賠償について
マンション総合保険には『個人賠償』以外にも『施設賠償』というものもつけることができます。施設賠償と個人賠償の違いや補償内容について書いてみたいと思います。
マンション保険の保険料は努力次第でコントロールできる!?
マンション保険の保険料というのは管理組合さまの努力次第でコントロールできるということをご存知ですか?
マンション総合保険の無事故割引の内容ってどうなっているの?
マンション総合保険(積立含む)の無事故割引の内容がどのようなものなのか分かりやすいようにお伝えします。
マンション保険で最も重要な特約が『水濡れ原因調査費用特約』!
マンション保険の特約の中で最も重要な特約が『水濡れ原因調査費用補償特約』になります。この特約が何故、重要なのか?ということを実際の事例を踏まえてお伝えします。
マンション総合保険の引受は今後、ますます厳しくなってくる!?
マンション総合保険の引受は今後、ますます厳しくなってくるかもしれません。現在の、引受の現況と今後の動向など管理組合として意識しておかなければいけないことをお伝えします。