マンション総合マンション総合保険 個人賠償責任保険,マンション保険 個人賠償

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

保険料が高いから・・・という理由だけで”個人賠償”を簡単に外してしまったマンション

 

あるマンション住民の方からのご依頼でお話することになりました。

 

住民の方のお問い合わせ内容は”ご自身の部屋の火災保険(家財保険、地震保険も含む)”でした。お付き合いのある管理会社の方より連絡があり、管理先の住民さんが困っているから行ってもらえないか??という経緯です。

 

そこで、私はご紹介いただいた住民さん(以後、Aさんと呼びます。)に電話して日時を決めてお会いしてきたんです。すると、今回のお問い合わせをすることになったキッカケを話してくださったのですが正直、その理由におどろきました。

 

 

 

 

勝手に外されていた『個人賠償』

実はこちらのマンションは、つい2ヶ月ほど前に管理組合がかける火災保険、いわゆる”マンション総合保険”の満期更改を行ったばかりとのことでした。そして、今回お会いしたAさんは5年ほど前に理事長経験もされている方です。

 

すると、今回のマンション保険の更改した内容について理事会のほうから非常に安易な形で『保険料が高くなるので個人賠償は外した。』と報告があったようです。

 

そこで、Aさんは慌ててご自身の火災保険を見直さなくては、、、と思い、相談できる保険代理店がいなかったため管理会社に連絡、そして私のほうへ連絡がきたという経緯です。

 


 参考記事! >>マンション総合保険につけれる個人賠償責任保険について

 

正直、今回のお話を聞いて私自身もおどろきましたが何より、住民であるAさんが今回の結果が非常に信じられない、、、と言われていたのです。

 

Aさんは過去に理事長経験もありマンションは資産だということ、そして何より住民さん達のことを一番に考えておられます。だからこそ、今回の理事会の決定に危機感すら覚えたと言います。

 

『個人賠償』は築年数が古いマンションほど必須な補償!!

これは100%言い切れますが、築年数の古いマンションの一番多い事故はやっぱり『水漏れ事故』なんです。水漏れ事故は階下の住民さんにも被害が必ず出ます。

 

そうなった場合にその損害をどのように補償するのでしょうか?

 

賠償する義務がある場合、水漏れを起こした上階の住民の方が階下の住民さんの修復費用を持たなくてはなりません。

 

こんなときに、個人賠償に入っていなければすべての修理費用を上階の方が自腹で払わなくてはいけなくなります。もちろん、個人賠償に住民の方がご自身で加入される火災保険につけていればそちらで対応することはできます。

 


 参考記事! >>マンション総合保険につけれる個人賠償責任保険について
>>マンション総合保険で水漏れは補償される?

 

このように考えると、管理組合が加入する火災保険(マンション総合保険)か住民さんが個別で加入されるご自身の火災保険のどちらかに個人賠償を付けておかなければ必ず揉める原因になるということです。

 

そんな大切な補償を保険料が高くなる、、、という理由だけで安易に外す。しかも、その重要性をマンション住民の方々に対してしっかりと周知できていないという危機管理の低さに正直、ガッカリします。

 

管理組合で加入するマンション保険、住民さんが個別加入する火災保険に個人賠償が付いていない状態で実際に賠償事故が発生した場合、管理組合の理事役員さんたちは被害者、加害者である住民さんからどのように思われるでしょうか??

 

そのあたりのことまでしっかりと考えて決定されないと自分で自分の首を絞めることになりかねません。本当に重要なことだと思います。

 

そんな大切なことを伝えれていない保険代理店にもガッカリ・・・

今回のケースは管理組合さまだけの問題ではないと思うんです。そういった提案をした保険代理店にも非常に問題があると思います。

 

実際に想定される事故をお伝えし、その上で個人賠償の必要性をしっかりと伝え理解をさせた上で最終的に今回のような結果であれば問題ありません。

 

ですが、実際にいろいろな話を聞くと、保険料が高いなら個人賠償を外して安くしましょう、、、というような保険料を下げるという部分にだけフォーカスして話をまとめているケースが多いです。本当にそれで管理組合さまやマンション住民さんを守れるのか甚(はなは)だ疑問です。

 

マンション保険を販売することはもちろん大切です。それが仕事ですから。でも、保険を販売することと同じくらい、

 

 

  • マンションは資産であるということ
  • 住民さんたちのマンションライフが快適になること

 

 

ここまでしっかりと考えて提案をしないと、これから先も管理組合さまと良い関係を続けていくことは不可能ではないでしょうか?

 

マンションというのは住民さんたちが高いお金を出して購入した”資産”なんです。そこを1番に考え、そして最適なご提案をするのが私たち保険代理店の仕事だと思います。

 

私はこれからもマンション管理組合、そしてマンション住民さんの立場に立って仕事をしていきたいと思いますのでお困りの管理組合さまはお気軽にご相談ください。

 

今回の話は非常に大切なことだと思ったのでシェアさせていただきました。

お気軽にご相談ください!



  • 携帯     : 080-6419-4701
  • 携帯メール : mkt-1130@ezweb.ne.jp
  • PCメール  : info@mansion-fire.com

マンション総合保険でお困りの管理組合様はお気軽にご連絡ください。もちろん、ご相談・お見積書の作成は無料です。

>>お問い合わせはこちらから

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


関連ページ

今さら聞けない・・・マンション管理組合とは?
管理組合とはいうものの、そもそも管理組合とは何なのか?という方のためのページです。
マンション総合保険とは何ですか?
そもそもマンション総合保険とは何を補償するのでしょうか?そんな素朴な疑問にお答えします。
マンション保険の保険料はこうやって決められている!
保険料はどのように決まっているのか?保険の仕組みなど、マンション総合保険の保険料についてお伝えします!
マンション保険の救世主!マンションドクター火災保険!
マンション総合保険の救世主ともいえる画期的的な商品。それが『マンションドクター火災保険』です。どんな保険なのでしょうか?
マンションドクターが開発された背景
マンションドクター火災保険が開発された背景について書いてみたいと思います。管理組合様を救う救世主のような保険。開発された理由も素晴らしいですよ。
マンション総合保険の比較
マンション総合保険の比較表です。参考にしてみてください。
マンション総合保険で水漏れは補償される?
マンション総合保険の水漏れ事故について書きます。実際には一番事故として多いのがこの「水漏れ」です。
マンション総合保険につけれる個人賠償責任保険について
マンション総合保険には個人賠償責任特約というものがつけれます。ということで、個人賠償責任特約について書いてみたいと思います。
マンション総合保険の個人賠償特約に設定する免責はあり?なし?
マンション総合保険には個人賠償責任特約というものがつけれます。最近は保険料の高騰により免責設定しているケースをよく見かけます。個人賠償の免責はありでしょうか?それとも、なしでしょうか?
マンション総合保険につけれる施設賠償について
マンション総合保険には『個人賠償』以外にも『施設賠償』というものもつけることができます。施設賠償と個人賠償の違いや補償内容について書いてみたいと思います。
マンション保険の保険料は努力次第でコントロールできる!?
マンション保険の保険料というのは管理組合さまの努力次第でコントロールできるということをご存知ですか?
マンション総合保険の無事故割引の内容ってどうなっているの?
マンション総合保険(積立含む)の無事故割引の内容がどのようなものなのか分かりやすいようにお伝えします。
マンション保険で最も重要な特約が『水濡れ原因調査費用特約』!
マンション保険の特約の中で最も重要な特約が『水濡れ原因調査費用補償特約』になります。この特約が何故、重要なのか?ということを実際の事例を踏まえてお伝えします。
マンション総合保険の引受は今後、ますます厳しくなってくる!?
マンション総合保険の引受は今後、ますます厳しくなってくるかもしれません。現在の、引受の現況と今後の動向など管理組合として意識しておかなければいけないことをお伝えします。
【注意】マンション保険を管理会社に任せていたら最悪な結果に!?
マンション保険を管理会社に任せている管理組合様は非常に多いです。ですが、メスを入れる必要があります。実際にあった実例をもとにお伝えしたいと思います。