マンション総合保険 施設賠償

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション総合保険に『施設賠償』ってつけれるけど・・・一体どんな補償なの?個人賠償と何が違うの??

 

マンション総合保険につけれる特約というより、つけておいたほうが良い特約の1つに『施設賠償責任特約(建物管理賠償)』というものがあります。

 

この特約も個人賠償と同じ他人様に”賠償”しなければいけない事故が起きたときに非常に役に立つ特約といえます。
※、個人賠償責任特約については下記ページをご覧ください。

 


 関連記事! 参考:>>マンション総合保険につけれる個人賠償責任保険について

 

というわけで、今回は『施設賠償責任特約(建物管理賠償)』について見ていきましょう。

 

 

 

 

施設賠償責任特約とは??

では、そもそも『施設賠償(建物管理賠償)』って何なんでしょうか??
※、保険会社によって施設賠償、建物管理賠償と呼び方が異なります。

 

施設賠償(しせつばいしょう)とは、マンション共用部分の欠陥等に起因する偶然な事故、または、マンション共用部分の賃貸、管理およびこれに付随する業務の遂行に起因する偶然な事故により、他人の身体に障害を与えたり、他人の財物を損壊したことにより法律上の損害賠償責任を負った場合の損害賠償金などを補償するもの。

 

日新火災マンションドクター公式サイトより引用)

 

 

簡単にいうと、建物(マンション)の管理不足によって起きた対人・対物事故に対しての損害分を補償するという内容。

 

外壁のタイルが剥がれて駐車していた車に損害をあたえてしまった・・・とか、人(住民さんや通行人など)に怪我させてしまった・・・のように、建物に起因して起きた損害分を補償してくれるということです。

 

個人賠償と施設賠償の違いは?

個人賠償というのは、”人”が原因で起きてしまった対人・対物事故に支払うことに対し、施設賠償(建物管理賠償)は、”建物(=施設)”が原因で起きた事故に対して支払うというものです。

 


 ポイント! 

  • 個人賠償・・・事故の原因が”人”に起因しているもの
  • 施設(建物管理)賠償・・・事故の原因が”施設(建物)”に起因しているもの
  • ※、この時の施設とは、共用部分のことをすべて指し、共用部分の管理不足によって起きた対人・対物事故が対象となります。

 

マンションにとっては、この『施設賠償(建物管理賠償)』も大切!

マンションは、住民の方々の管理費や修繕積立費で管理組合、そして、マンションそのものの維持管理がされています。

 

マンションという大切な資産の価値を維持、または向上させていかなければいけません。そのために管理組合の理事役員さん方が日頃から頑張っておられるわけです。

 

ですが、管理組合様が常にそのように意識して様々なメンテナンス(修繕や定期検査)をしていたとしても、やはり不足的な事故を払拭することは現実的になかなかむずかしいと思います。

 

建物も新築時からすれば築年数とともに老朽化していくからです。

 

もちろん管理がしっかりと行き届いているマンションは話を伺っても事故そのものがない!という素晴らしいマンションもありますので一概には言い切れません。

 

ただ、事故のリスクは常にあるということだけはご理解ください。

 

そう考えるのであれば、やはり施設(=マンションの共用部分)が原因で起こる事故に対しての準備はしておくほうが良いと思います。備えあれば憂いなしという言葉があるように、起こる可能性があるリスクに対して備えるものが”マンション総合保険”なのです。

 

考えられるリスクに対しての備えとしては、今回のテーマである『施設賠償(建物管理賠償)』は非常に重要だと思います。

 

損害保険は”経済的な損失を補填するもの”だからこそ、しっかりと検討しよう!

個人賠償のページでもお伝えしましたが、火災保険は損害保険になります。

 

損害保険というのは、事故が起きた際の経済的損失を補填することが目的です。だからこそ、保険料が高いという単純な理由だけで安易に必要な補償を外すべきではありません。

 

最近の傾向として、満期時に保険料が高くなるという理由だけで『施設賠償(建物管理賠償)』や『個人賠償』を外して保険料を下げるという話を耳にしますが、保険料を下げるためにそんな単純な方法を採用して良いのでしょうか?

 

マンション総合保険って一体、何(誰)のための保険なんでしょうか? 

 

2018年以降に満期を迎えるマンション保険は今のままでは100%保険料が上がります。今のままでは・・・。

 

ただ、今回の満期を機にしっかりとマンション保険の見直しをして、そして、他社との保険料の比較を行うことで大きな損を回避することは確実にできます。

 

ですが、それはしっかりと見直しをした場合のみです。だからこそ、まずは情報の収集をしてほしいのです。

 

管理会社や既存の保険代理店さんから出される見積書のみで決めるのではなく必ず比較検討をしてください。それだけマンション総合保険というのは大切な保険ですし大きな保険料だということです。

 

保険セブンは前向きな管理組合様をサポートします!

保険セブンではマンション保険を扱っている保険会社をすべて取り扱っています。

 

各社とも、補償内容(もちろん根拠のある適正な保険金額や補償)を統一して保険料の比較を行っていただきますのでムダな時間を取らすことはありません。

 

前向きな管理組合様を精一杯サポートさせていただきますので、宮崎、鹿児島、熊本でマンション総合保険の見直し(比較検討)を行いたいという管理組合様はお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください!



  • 携帯     : 080-6419-4701
  • 携帯メール : mkt-1130@ezweb.ne.jp
  • PCメール  : info@mansion-fire.com

マンション総合保険でお困りの管理組合様はお気軽にご連絡ください。もちろん、ご相談・お見積書の作成は無料です。

>>お問い合わせはこちらから

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


関連ページ

今さら聞けない・・・マンション管理組合とは?
管理組合とはいうものの、そもそも管理組合とは何なのか?という方のためのページです。
マンション総合保険とは何ですか?
そもそもマンション総合保険とは何を補償するのでしょうか?そんな素朴な疑問にお答えします。
マンション保険の保険料はこうやって決められている!
保険料はどのように決まっているのか?保険の仕組みなど、マンション総合保険の保険料についてお伝えします!
マンション保険の救世主!マンションドクター火災保険!
マンション総合保険の救世主ともいえる画期的的な商品。それが『マンションドクター火災保険』です。どんな保険なのでしょうか?
マンションドクターが開発された背景
マンションドクター火災保険が開発された背景について書いてみたいと思います。管理組合様を救う救世主のような保険。開発された理由も素晴らしいですよ。
マンション総合保険の比較
マンション総合保険の比較表です。参考にしてみてください。
マンション総合保険で水漏れは補償される?
マンション総合保険の水漏れ事故について書きます。実際には一番事故として多いのがこの「水漏れ」です。
マンション総合保険につけれる個人賠償責任保険について
マンション総合保険には個人賠償責任特約というものがつけれます。ということで、個人賠償責任特約について書いてみたいと思います。
揉める原因!マンション総合保険の個人賠償は安易に外すべからず!
管理組合の火災保険で個人賠償を勝手に外されていましたが大丈夫でしょうか??とのご質問をいただきました。必ず揉めますね。
マンション総合保険の個人賠償特約に設定する免責はあり?なし?
マンション総合保険には個人賠償責任特約というものがつけれます。最近は保険料の高騰により免責設定しているケースをよく見かけます。個人賠償の免責はありでしょうか?それとも、なしでしょうか?
マンション保険の保険料は努力次第でコントロールできる!?
マンション保険の保険料というのは管理組合さまの努力次第でコントロールできるということをご存知ですか?
マンション総合保険の無事故割引の内容ってどうなっているの?
マンション総合保険(積立含む)の無事故割引の内容がどのようなものなのか分かりやすいようにお伝えします。
マンション保険で最も重要な特約が『水濡れ原因調査費用特約』!
マンション保険の特約の中で最も重要な特約が『水濡れ原因調査費用補償特約』になります。この特約が何故、重要なのか?ということを実際の事例を踏まえてお伝えします。
マンション総合保険の引受は今後、ますます厳しくなってくる!?
マンション総合保険の引受は今後、ますます厳しくなってくるかもしれません。現在の、引受の現況と今後の動向など管理組合として意識しておかなければいけないことをお伝えします。
【注意】マンション保険を管理会社に任せていたら最悪な結果に!?
マンション保険を管理会社に任せている管理組合様は非常に多いです。ですが、メスを入れる必要があります。実際にあった実例をもとにお伝えしたいと思います。