マンション保険 相場

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

マンション保険に相場はあるのか?

 

マンション保険の相場っていくらぐらいですか??

マンションの規模や保険のかけ方、また、保険会社によっても大きく異なるので相場はありません。逆に相場を知りたければ相見積もりをとってみることです。

 

 

 

 

マンション保険の相場の相場を知りたいという気持ちはよく分かります。

マンション保険は決して安くない保険料なので相場を知りたい・・・そう思う管理組合さまも少なくありません。やはり客観的な情報を知りたいと思うのは当然のことだと思います。

 

ですが、結論からいうとマンション保険に相場はありません。

 

形あるものであれば相場もあるでしょうが、マンション保険についてはありません。

 

マンションによって規模は異なりますし、加入する保険会社、更にはどの保険代理店で加入するかによっても大きく異なります。

 

ただ、あなたのマンションの保険料がだおよそいくらくらいなのか?ということを知りたいのであれば、やはり相見積もりをとってすべての保険料を見てみることだと思います。

 

私も同じ補償内容で各社の保険料の比較をしますが、築年数が経っているマンションについては非常に保険料が高くなるため、各社の保険料の比較は絶対に行うべきだと思います。

 

特に築25年を超えるマンションについてはおどろくような保険料になります。

 

 

築25年以上が一つのポイント!?

先日、今年満期を迎えるというマンション(2018年時点で築27年)の保険料を出してみました。

 

すると3倍以上の保険料になったのです。同じ補償内容、同じ保険会社で作成した結果です。

 

別の築22年のマンションでは2倍弱ぐらいの保険料だったので、築年数がわずか5年経過するだけで結構な上がり幅です。

 

5年前には3分の1の保険料だったわけですから、この3倍に上がった保険料を管理組合さまが見たときにどう感じられるでしょうか?

 

きっと開いた口がふさがらない・・・そんな状態になると思います。100万円の保険料は300万になるわけですし、200万の保険料は600万になるわけですからね。

 

だからこそ、各保険会社のマンション保険の見積書をとり比較する必要があると思います。まだ先だから大丈夫・・・と思っていると満期はすぐに来てしまいます。

 

 

対策方法はあるのか?

通常はマンション保険の満期を迎える際に見直しを考えるケースがほとんどですが、満期を待たずして見直しをするという方法もあります。

 

1つのテクニック的な話になりますが知っておいて損はありませんので是非とも下記ページを参考にしてみてください。

 

築10年未満のマンションの保険料の見直し方法、比較方法
築10以上〜20年未満のマンションの保険料の見直し方法、比較方法
築20年以上のマンションの保険料の見直し方法、比較方法

 

 

『マンション保険に相場はあるのか?』のまとめ

マンション保険に相場ありませんが、各社の見積書を比較してみることで、その保険料が高いのか?安いのか?という判断はできると思います。

 

一社だけの見積書だけでなく必ず各社の見積書をとるようにしましょう。

 

また、保険代理店によって補償内容の提案については大きく異なります。ムダな補償がついていたり保険料を下げるという理由だけで必要な補償が付いていなかったりというケースもよくあるので十分に気をつけてください。

 

そして、マンション資産価値の向上には”メンテナンス”は大きく関係してきます。

 

そのために大規模修繕を計画していると思いますが、そういった資産を上げることのほうにお金を使ってください。

 

メンテナンスにお金をかけてしっかりと管理をしていくことが結果的にマンション保険の保険料を安くすることにつながってきますから!

 

事故がなければ保険金の支払いもないわけですし、高い保険料を払う必要もなくなります。保険料に大きなお金を使うのではなく、修繕という資産価値の向上に直結する部分に大切なお金を使っていただきたいです。

 

そのためのアドバイスなら喜んでさせていただきますし精一杯のサポートをさせていただきます。

お気軽にご相談ください!



  • 携帯     : 080-6419-4701
  • 携帯メール : mkt-1130@ezweb.ne.jp
  • PCメール  : info@mansion-fire.com

マンション総合保険でお困りの管理組合様はお気軽にご連絡ください。もちろん、ご相談・お見積書の作成は無料です。

>>お問い合わせはこちらから

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


関連ページ

マンション保険は管理会社が代理店やっているからそれで良いですよね?
マンション管理組合さま向けの保険。マンション総合保険(共用部分、専有部分)の保険料査定・相見積もり・比較なら当社へご相談ください。宮崎をはじめ鹿児島、熊本、大分などの幅広い地域で無料相談、ご対応をさせていただきます。保険料の比較もせずに契約更改すると損します。気をつけてください!
マンション管理適正化診断を受けると言ったら管理会社に拒否られた
マンション管理適正化診断サービスを受けると言ったら管理会社の担当者に拒まれた拒否られた・・・そんな話をよく耳にします。
県外のマンション管理組合は相談には乗ってもらえませんか?
県外(宮崎以外)の管理組合さまもお気軽にご相談いただくことは可能です。悩まれているようでしたら一度お気軽にご相談ください。
提案する代理店によって保険金額が大きく異なるのは何故ですか?
今回は『提案する保険代理店によって保険金額(補償内容)がこんなに違うのは何故ですか?』というご質問をいただきましたのでお答えさせていただきます。
集合インターホンを住人さんが壊した…補償の対象になりますか?
集合インターホンをマンションの住人さんが壊した場合、マンション保険の補償の対象になるでしょうか?そんなご質問をいただきました。
管理会社も保険代理店も対応が悪く誰に相談して良いのか分からない
マンションで保険事故が発生したのに管理会社のフロントマンも保険代理店もきちんと対応してくれない。一体誰に相談して良いのか分からない・・・という電話がありました。
管理組合が加入する保険は、どのようなものがありますか?
管理組合が加入する保険は、どのようなものがありますか?との質問がありました。基本的なことですが同じように疑問に思っておられる方もいるかと思いますのでシェアします。
地震が原因で水漏れ発生!水濡れ原因調査費用補償特約は使えるのか?
地震による漏水事故が起きた場合、水濡れ原因調査費用補償特約は使えるのでしょうか??というご質問がありましたので回答いたします。
地震による水濡れ損害は居住者が加入している火災保険で対応できる?
地震によって水濡れ損害が発生した場合、居住者が個別加入している火災保険(家財保険)で対応できますか??とのご質問がありましたので回答します。
マンション保険の延床面積が代理店によって違うのは何故なんですか?
既契約のマンション保険で延床面積が間違っているケースというのは実は非常に多いです。先日も実際にそんなケースがありましたので、その実例をご紹介します。
保険代理店の選び方で注意する点を教えてもらえませんか?
管理組合様とお話するとよく保険代理店についての話題になります。そのなかでいつもお話することをお伝えしたいと思います。